多気や大台の寺院、峠も 「令和の熊野詣」が完成 イラストマップで歩き方紹介

2019年10月10日(木) 20:24

LINEで送る

191010熊野古道

女鬼峠、相鹿瀬などを通るルートも楽しいイラストで紹介

 熊野古道世界遺産登録15周年事業実行委員会( 伊藤久美子委員長) がこのほど刊行した伊勢から熊野までの歩き方をイラストマップで見せる「熊野古道伊勢路図絵 令和の熊野詣」( A4判、カラー、42㌻) で、多気郡多気町や大台町も寺院や峠などが紹介されている。
 熊野古道は、和歌山県田辺市の熊野本宮大社、新宮市の熊野速玉大社、那智勝浦町にある熊野那智大社を詣でる道。古代から中世にかけて信仰が高まり、上皇、女院や庶民まで切れ目がないほどに参詣していた。幾つかのルートがあり、現在の京都府から大阪府、和歌山県の和歌山市を経て田辺市に至る紀伊路や、伊勢市と熊野市を結ぶ伊勢路などがある。
 「熊野古道伊勢路図絵令和の熊野詣」は、熊野古道の世界……続きは本紙で