何これ?「不気味」新種のクラゲ? 明和町の上村池 正体は・・・コケムシの群体

2019年10月2日(水) 20:31

LINEで送る

191002上村池に不気味な物体

上村池で発生したオオマリコケムシとみられる物体をシャベルで引き上げる北山さん=明和町上村の上村池で

 新種のクラゲか――。多気郡明和町上村の上村池に9月下旬から、ゼリー状の大きなメロンパンのような丸い物体が、水面にいくつも発生。近くに住む農業・北山恭平さん(69)ら住民は「初めて見た」と、その奇妙な見た目から気味悪がっている。
 池の用水の調整員をしている北山さんによると、発見したのは9月20日ごろ。様子を見に行ったとき、水面に漂っている物体を発見。球体がつぶれたような形で直径30㌢余り、厚さは約20㌢。持っていたくわを使って陸に引き上げてみたところ、無臭で、表面は茶色いコケのようなものに覆われ、中は透明の寒天質になっていた。北東側の堤防周辺だけで、10個近くが目視できたという。
 宮川用水の管理者に連絡し、調査してもらっているというが、正体は外肛動物のオオマリコケムシとみられる。池や沼などの……続きは本紙で