新三渡橋は今月中に開通 旧参宮街道 川幅を拡大、橋長さ67㍍

2019年9月11日(水) 20:08

LINEで送る

190911新しい三渡橋

六軒町(手前)と小津町をつなぐ新しい三渡橋。上流側に仮橋がある=六軒町で

 県が進める三渡川の河川改修事業は、松阪市六軒町と小津町の旧伊勢街道をつなぐ三渡橋がほぼ完成し、今月中に通行できる運びになった。上流に架かる仮橋は11月中にも撤去工事に入る計画で、三雲地域での一連の工事は2020(令和2)年度に完了の予定。

 三渡川改修事業は30年ほど前に始まり、台風などの災害時に川が増水した際、川幅が狭く浸水被害が発生していた箇所を拡張する内容。工事は三渡川下流から行われ三雲地域では、08(平成20)年度に始まった。河川の幅を約25㍍から1・8倍の約45㍍に広げるもので、仮橋を架けて古い三渡橋を落とし、参宮街道の宿場として栄えた市場庄地区の景観を損なわ……続きは本紙で