「思い返すことが大事」 昭和57年の台風10号 被災時のアルバム2冊「みんなの店」で公開

2019年8月24日(土) 20:05

LINEで送る

190824宇気郷で昭和57年の台風の写真見つかる

台風10号災害の写真を見る竹谷さん(右)ら住民たち=柚原町の「コミュニティーうきさと・みんなの店」で

 1982(昭和57)年8月2日、愛知県渥美半島に上陸し、死者95人を出した大型台風10号の被災状況を写したアルバム2冊が松阪市柚原町の宇気郷地区市民センター(旧柚原小学校)で見つかり、柚原町自治会(千賀博文自治会長)が運営する「コミュニティーうきさと・みんなの店」で20日から公開している。同地区でも4人の犠牲者を出しており、未曾有(みぞう)の大災害として住民の記憶に残る。当時を知る住民らはアルバムに見入って災害の恐ろしさを語り、防災意識を高めている。
 台風10号襲来前の同年7月末、冷夏の日本列島は記録的な豪雨に見舞われ、集中豪雨と台風で死者が400人を超すなど大きな被害を出した。
 被災アルバムを見つけたのは、同町の郵便局員・中野直美さん(49)。同小の関係者が……続きは本紙で