町議に密着、体験し学ぶ 大学生3人が多気町でインターンシップ

2019年8月23日(金) 20:05

LINEで送る

190823多気町議にインターン

久保町長から町政について話を聞く(奥右から)中島さん、松本さん、宮原さん=多気町役場で

 県内の大学に通う学生3人が現在、多気郡多気町の松浦慶子議員に付いて議員インターンシップに励んでいる。議会の全員協議会を傍聴したり、久保行央町長や町職員から町政について話を聞くなどして理解を深めている。
 議員インターンシップは、大学生が長期休暇の2カ月を通じて、議員と行動を共にすることにより、議員の仕事や思い、政治と社会のつながりを知る体験プログラム。
 今回はインターン先に地方議会を選んだ三重大学教育学部1年・宮原正司さん(桑名市)、同・松本芳樹さん(津市)、皇學館大学文学部2年・中島徳丸さん(伊勢市)がNPO法人ドットジェイピー(本社・東京都千代田区)を通じて……続きは本紙で