外国人客にガイド体験 本居宣長記念館で 中学生21人が英語キャンプ

2019年8月21日(水) 20:04

LINEで送る

190821本居記念館で英語ガイド

ALT(左奥)を外国人観光客に見立ててガイドをする生徒たち=殿町の本居宣長記念館で

 松阪市教育委員会(中田雅喜教育長)は20日午前9時半から殿町の本居宣長記念館で、市内の中学生21人が宣長について学び、英語によるガイド体験を行う「松阪英語キャンプ」を開いた。
 松阪が生んだ偉人について学習を深め、郷土に愛着と誇りを持つ一方、英語コミュニケーション能力を向上させることで世界に向け、積極的に発信することを目的に、3年前から行われている。昨年は小野江町の松浦武四郎記念館で行われた。
 参加したのは、市立殿町中学校4人と同鎌田中学校17人の生徒計21人とALT(外国語指導助手)10人。
 同キャンプ中は日本語禁止で行われ、午前中は8グループに分かれてALTから出題される宣長についての質問を自身で……続きは本紙で