2億4500万円計上し大改修 三重とこわか国体向け明和町総合グラウンド

2019年8月16日(金) 20:15

LINEで送る

190816明和町グラウンド改修へ

照明をLED化したり土を入れ替えたりと、大改修が行われるグラウンド=明和町大淀で

 2年後の三重とこわか国体・男子成年ソフトボールの開催に向け、多気郡明和町は同町大淀の町総合グラウンドを、LED照明に替えたり土を水はけの良いものに入れ替えたりの大改修を行う。来月の入札を経て10月着工を予定し、年度内に使えるようになりそう。
 三重とこわか国体では、同町坂本の明和中第2グラウンドと町総合グラウンドが男子成年ソフトボールの会場となる。このため、町は本年度当初予算に保健体育費でグラウンド整備などの費用2億4500万円を計上。既に第2グラウンドは5月から7月にかけて防球ネットの張り替えなどの整備を行った。
 今回の町総合グラウンドの改修では、高さ5㍍の両翼各90㍍の防球ネットを……続きは本紙で