国体向け収穫たくさん 全日本実業団女子ソフト終え 明和町の関係者ら手応え

2019年8月8日(木) 20:10

LINEで送る

190808明和町実業団ソフト

女子実業団チームにより初めて明和町で行われた全国大会の開会式=明和町坂本の町総合体育館で

 2021(令和3)年の三重とこわか国体・成年男子ソフトボールの会場となる多気郡明和町で7月、初めてソフトボールの全国大会「全日本実業団女子ソフトボール選手権大会」が開かれた。国体のプレ大会の位置づけで、三重とこわか国体・三重とこわか大会明和町実行委員会が共催し多気郡ソフトボール協会らと共に運営を担った。国体の予行演習の意味もあった中で、大会は成功裏に終了。しかし、課題も発見でき、関係者らは「この経験を生かし、国体をより良いものにしていきたい」と意欲を燃やしている。

 

 大会は全国の実業団18チームが参戦。町総合グラウンド(1面)と明和中学校第2グラウンド(2面)を会場にトーナメント戦を実施した。7月26日が開会式で、29日までの日程だったが、27日は台風のため試合ができず、予備日の30日までで行った。国体の運営を円滑に進めるためのプレ大会として……続きは本紙で