冷んやりボート下りも 多気町丹生の立梅用水で 家族連れらが農村体験

2019年8月3日(土) 20:09

LINEで送る

190803立梅用水でボート下り

ボート下りで立梅用水のトンネルをくぐり抜けて堪能してきた子供たち=多気町丹生で

 農地の維持や資源の向上、保全した資源を活用した多面的機能支払交付金活動に取り組む「多気町勢和地域資源保全・活用協議会」(浦林敏生会長、24団体)は、1日午前9時から丹生の勢山荘と立梅用水で「夏だ‼ 夏休みだ‼ 行こう‼ 学ぼう‼ 体験しよう‼ 〜みんなで楽しもう農村体験〜」を開いた。
 多面的機能支払交付金を活用した取り組みの一つで、水の日の同日に豊かな農村の自然に触れ、立梅用水の歴史をはじめとした勢和地域について知ってもらうのが狙い。
 この日は、大人6人と小学生や未就学児11人が参加し、立梅用水沿いを歩いてボート下り会場へ。会場手前で……続きは本紙で