パネルや映像設備充実 3年後に武四郎記念館を拡大

2019年8月1日(木) 20:17

LINEで送る

190801武四郎記念館リニューアル

今の展示室の様子。ワクワク・ドキドキする記念館に生まれ変わらせるという=小野江町で

 松阪市は7月31日、小野江町の松浦武四郎記念館を2022(令和4)年度にリニューアルオープンすると明らかにした。同館と併設の公民館機能が隣接地に新しく建設される新公民館に移るため、空いたスペースを活用して主に展示室を一新する。詳細は今後検討していく。

 

 三雲地区には、小野江以外の米ノ庄、天白、鵲の3地区には全て単独の公民館がある。小野江地区では公民館に代わる施設として1994(平成6)年7月、松浦武四郎記念館に併設する形で小野江コミュニティセンターが開設された。しかし記念館は重要文化財を所蔵することから、文化財保護のため火を使う料理ができないなど制約が。
 武四郎の知名度が高まるにつれて入館者がほぼ右方上がりに増えてきたことから、地元や三雲地区から単独館を求める声が高まり、市は本年度当初予算に公民館を単独の公民館とするため地質調査と実施設計で1853万5千円を計上。建設地は記念館の……続きは本紙で