消毒の方法など学ぶ 伊勢イモ振興プロジェクト 多気町三疋田の畑で研修生ら

2019年7月25日(木) 20:14

LINEで送る

190725伊勢芋の振興計画

噴霧器で散布していく研修生ら=多気町三疋田で

 多気郡多気町農林商工課とJA多気郡伊勢いも部会(村田駿爾会長、25人)などが伊勢イモの後継者育成に取り組む「伊勢イモ振興プロジェクト」の研修生20人が三疋田の畑で伊勢イモの消毒を学んだ。
 同プロジェクトは、伊勢イモの生産農家の高齢化が進んでいるため後継者を育てていこうと2016(平成28)年に始まった。就農希望者や、生産技術を会得したい人たちが参加している。
 この日は、同課の小林豊係長(44)の進行で同部会の村田会長(73)と梅村斉さん(64)とJA多気郡営農センターの世古口力さん(44)が指導に当たった。天気が良くなってくると出てくる……続きは本紙で