ガイド本頼りにツアー 知恵の輪松阪などの8人体験 隠れたお宝を再発見

2019年7月10日(水) 20:07

LINEで送る

190710お宝ツアー

ガイドブックを手に文化遺産の勉強をする会員たち=中町の岡寺山継松寺で

 松阪市民が選んだ隠れた文化遺産を紹介する冊子「松阪のお宝発見―私たちが選んだ市民文化遺産(中心市街地編)―」をガイドブックに街を散策する「市民文化遺産巡りツアー」が9日午前10時から行われ、町の活性化を目的に活動している「知恵の輪松阪」(市野典子会長、12人)の会員など関係者8人が本の情報を頼りに市内を歩いた。いつもは気にも留めない〝お宝〞を再発見するツアーになり、会員たちは「楽しかった」とツアー体験に満足した様子だった。
 冊子は市民団体の「歩いて楽しい道づくり実行委員会」(山川良樹会長)が今年3月に発行した。A5判、120㌻。国や自治体の指定文化財以外で住民たちが「町の宝」として末永く……続きは本紙で