松阪木綿の名札ひも好評 飯南地区のわた工房手作り 仁柿産の糸3色紡ぐ

2019年7月9日(火) 20:15

LINEで送る

190709仁柿の木綿ひも人気

好評の仁柿産の松阪木綿のひもを付けた名札を身につける職員ら=市役所で

 松阪市飯南地区の住民らでつくる仁柿綿農園づくり実行委員会わた工房(小山貴美子代表、9人)が作る仁柿産の松阪木綿の首に掛ける名札のひもが好評で、約100本を売り上げている。市役所や市飯高地域振興局では竹上真人市長を含め職員に75本も売れた。考案した小山代表(79)=飯南町上仁柿=は「こんなに好評とは思わなかった」と驚いている。
 同実行委員会は仁柿住民協議会内組織で、2016(平成28)年から地域活性化のため綿作りに取り組む。現在は綿と藍を栽培し、糸繰り機で糸を紡いで手作りの染料・すくもで染め、生地を織ってストールやコースターなどの作品を生み出す。全て手作業のため時間がかかるが、作れば……続きは本紙で