「自然の力はすごい!」 豊田公民館 ビオラがタイル割れ目で育つ

2019年7月4日(木) 20:16

LINEで送る

190704タイルからビオラ育つ

入り口で花を咲かせたビオラを見守る中西館長(右)たち=嬉野須賀町の豊田公民館で

 松阪市嬉野須賀町の豊田公民館(中西勲館長)で、入り口の階段タイルの1㍉にも満たない割れ目から、ビオラが高さ3㌢ほどに育ち、黄色い花を咲かせて、職員や利用者たちの心を和ませている。
 毎年、ガーデニング講座で作った寄せ植えを入り口前に飾っている。昨年の作品にはビオラを使ったものがあったという。種が割れ目に入り、芽を出したとみられる。
 土のあるところまでは30㌢。2日午前、職員が見つけ、たくましく花を……続きは本紙で