リサイクルダンスも楽しむ 三雲北幼児園で環境学習

2019年6月5日(水) 20:02

LINEで送る

190605環境学習でダンス

講師の脇谷さんの指導でリサイクルのダンスを踊る園児たち=肥留町の三雲北幼児園で

 松阪市肥留町の市立三雲北幼児園で4日午前10時からリサイクルの出前授業があり、3〜5歳児クラスの151人がアルミ缶や古紙などがリサイクルで車やトイレットペーパーに生まれ変わることを学んだ。最後には、環境保全ソング「みんなでへらそうCO2」に合わせて元気よくダンスを踊った。
 同園は同三雲北幼稚園(田中弘子園長、63人)と同保育園(浮田恵園長、144人)の教育施設。日頃から積極的にリサイクルに取り組み、再生紙のトイレットペーパーを使用したり、同幼稚園PTAがアルミ缶を集めたりしている。出前授業は県内の学校を回り、イクルの啓発活動を行う四日市市の県環境学習情報センターが行った。
 集まった園児たちを前に講師の脇谷奈美さん(43)は手にペットボトルのラベルのマークを見せて「これは……続きは本紙で