歓声上げて泥ならす 明星小児童が代かき体験 明和町の田んぼで

2019年5月14日(火) 20:10

LINEで送る

190514明星小の代かき

足でこねた後、はしごのような木製の道具をひもで引き回して泥をならす児童ら=明和町明星で

 多気郡明和町明星の町立明星小学校5年生36人が、13日午後2時から同町の田で、足で泥をこねてならす代かき作業をした。毎年地域住民の協力で行っている農業体験の一環。児童らは泥だらけになって走り回ったりカエルを捕まえたりと、遊びも交えつつ泥田を満喫した。田植えは16日に行う。
 同小では、20年ほど前から、明星地区の農家組合や自治会などでつくり農地の保全活動を行うむらおこし・みょうじょう(下村幸一代表、約400軒)の協力と指導を受け、農業体験を行っている。種まきから稲刈りまでの一連の……続きは本紙で