51人で「レ」「イ」「ワ」 人文字で改元の思い出 中郷公民館が企画

2019年5月11日(土) 20:17

LINEで送る

190511人文字で改元記念

倉田主事が向けるカメラの先で、「レイワ」の人文字を作る参加者ら=嬉野宮野町の中郷公民館運動場で

 松阪市嬉野宮野町の中郷公民館(野口正彦館長)は10日午後1時半から、同館運動場で、令和への改元を記念したグラウンドゴルフ大会を開催。試合に先立ち、参加者全51人で、運動場に片仮名で「レイワ」の人文字を作り、記念撮影をして祝った。
 新元号になったのに合わせて、記念になることをしようと考え、企画した。高齢者講座や女性講座の受講生を中心に参加を呼び掛けた。
 この日は、気温が20度を超える汗ばむ陽気の中、60〜80代の男性26人と女性25人が集まった。人数の関係で、漢字で「令和」にするのは難しく、片仮名で作ることに。野口館長(73)の号令に従って、和気あいあいとした雰囲気の中、「下書きしておいてくれ」「どっち向いたらいいんや?」などと言いながらも、1文字約10㍍四方の大きさで、「レ」「イ」「ワ」と整列した。
 整列後は屋上に上った同館主事の……続きは本紙で