クマガイソウ15年かけ200株 飯南町深野の野呂さんが所有の山中に増やす

2019年5月8日(水) 20:59

LINEで送る

190508クマガイソウ

長年かかって約200株に増えたクマガイソウと野呂さん=飯南町上仁柿で

 松阪市飯南町深野の野呂修三さん(79)は、飯南町上仁柿に所有する山中に自生していた4、5株ほどのクマガイソウを、15年ほどかけて約200株にまで増やした。今が盛りで、人知れず咲き並ぶ美しい姿を見て喜んでいる。
 日本、中国、台湾などの林床や竹林に自生するラン科の植物。環境省のレッドリストで絶滅の危険が増大している種とされる絶滅危惧Ⅱ類に指定されている。
 今年は冬の小雨と春先の寒さのためか例年より1週間以上遅い4月末に咲き始めた。自生のエビネランも咲いている。
 野呂さんによると、子供のころには山の至る所で……続きは本紙で