「松阪大橋」「大橋」正しいのはどちら 交流センター模型表記で議論

2019年4月13日(土) 20:28

LINEで送る

190413模型の大橋

「松阪大橋」と紹介されている豪商のまち松阪観光交流センターの模型

 大橋か、松阪大橋か──。松阪市魚町に今月オープンした豪商のまち松阪観光交流センターに展示されている「本町・魚町町並み模型」で、阪内川に架かる伊勢街道の橋に「松阪大橋」の名が付けられているが、「正式には『大橋』では」とちょっとした議論になっている。今の橋には「大橋」と書かれているため。本当はどうなのか。古い文献を当たると、どちらでも良いようだという。

 この模型は、江戸時代後期の伊勢神宮への参拝者でにぎわう松阪の町並みを200分の1で再現したもの。この中で、本町と西町の間の阪内川に架かる橋に「松阪大橋」と説明がある。しかし現在の橋の銘板には「大橋」と書かれている。
 西町に住む海住恒幸市議は自身のブログで「古くからの呼び名は『大橋』。ちなみに、1950(昭和25)年に松阪市が発行した『松阪市市街図』には、まだ近鉄伊勢線の線路があり、近鉄道路はないことから『新松阪大橋』は存在しない。この市街図に描かれているのも『大橋』」と指摘。江戸時代も「大橋」では……続きは本紙で