入館者が大幅に増える 市立歴史民俗資料館 城内ロケの映画コーナーなど人気

2019年3月9日(土) 20:01

LINEで送る

歴民の来場増える

展示が増えた刀剣乱舞のコーナー。城郭ファンものぞいていく=殿町の市立歴史民俗資料館で

 松阪市殿町の国史跡松坂城跡にある市立歴史民俗資料館では、城内でロケが行われた現在公開中の「映画刀剣乱舞」(東宝映像事業部配給)の展示の効果もあり、入館者数が昨年同時期の倍近くに増えている。1日から撮影シーンの写真など展示を増やしたこともあり、一層増えることが期待される。
 映画は、大人気のシミュレーションゲームを初めて実写映画化した作品で、昨年3月12、13日に二の丸と本丸下段をつなぐ石段で行われた。
 同館では、制作会社から提供を受けた出演者のサイン入りノートや耶雲哉治監督のサイン入り台本、撮影セットの写真などを、今年1月26日から……続きは本紙で