松阪チームが東海優勝 未来自治体全国大会で 田舎暮らし体験など提言

2019年3月6日(水) 20:00

LINEで送る

未来自治体、優勝_T

子供たちに田舎暮らし体験をさせる案を発表する松阪まもり隊の皆さん=津市の教育文化会館で

 松阪市議に付いて議員インターンシップをしている大学生のチーム・松阪まもり隊(皇學館大学教育学部1年・石田萌香さんら4人)が、日本一住みたい町を決めるコンテスト「未来自治体全国大会2019東海大会」で優勝した。7日から9日までウェブ上での審査に臨み、上位4チームに入れば決勝に進む。
 コンテストは、若者と政治をつなぐ活動を展開するNPO法人ドットジェイピー(東京都千代田区)が毎年開いており5回目。海住恒幸市議のチームは昨年は全国優勝を果たしている。
 「松阪まもり隊」は2月から2カ月間、同会の橋渡しで海住市議に付いて学んでいる石田さん(19)=桜町=と、同大学文学部1年・大内斎槻さん(19)=同町、同・間宮涼太さん(19)=高町、三重大学教育学部1年・中西由佳さん(19)=津市一志町=の4人。
 東海大会は2日に津市桜橋2丁目の……続きは本紙で