子供も大人も一緒に白黒の真剣勝負 松子連オセロ大会

2019年2月4日(月) 20:00

LINEで送る

松子連がオセロ

上位入賞を目指して真剣勝負に挑む児童たち=川井町の市子ども支援研究センターで

 松阪市子ども会連合会(西村友志会長代理)は3日午前9時45分から、川井町の市子ども支援研究センター体育館で、「松子連オセロ大会」を行い、市内から集まった約50人の児童やその保護者などが真剣勝負に挑み、勝ち数を競い合った。
 同連合会は、校区の異なる子供たち同士の交流の輪を広げようと、ソフトバレーボールの球技大会や壁新聞講座などを開き、子供たちの健全育成に取り組んでいる。オセロ大会は毎年2月の第1日曜日に行う恒例で、今年で13回目となる。
 この日は、小学校低学年の部に19人、同高学年の部に……続きは本紙で