献血者へ感謝を込めて 記念品に相可高生の創作菓子

2019年1月25日(金) 20:00

LINEで送る

献血者に相可高生のクッキー

献血者に渡される記念品クッキーと作った製菓コースの高見さん(中)たち=多気町相可の相可高で

 多気郡多気町相可の県立相可高校食物調理科製菓コースの生徒が作った「まごSクッキー」が28日から、四日市、津、伊勢市の県内3カ所の献血ルームで献血者に記念品として渡されることになった。なくなり次第終了。31日まで。
 昨年度、県内の10代(16〜19歳)の献血率は2・7%で、全国平均の5・3%を大きく下回っている。県赤十字血液センターでは2年前から、若年層に献血を身近に感じてもらえるようにと、高校生の創作物を記念品として配っている。一昨年度は県立四日市農芸高校の……続きは本紙で