自作の黒砂糖で健康に 明和町金剛坂の清水さん 15年前からサトウキビ育てる

2019年1月10日(木) 20:00

LINEで送る

サトウキビ

高さ2メートル以上に育ったサトウキビと清水さん=明和町金剛坂の畑で

 「自分で作ると、安心安全」ーー。多気郡明和町金剛坂の農家・清水喜代子さん(72)は、15年ほど前からサトウキビを2アールほどの畑で育てている。作った黒砂糖を煮物やコーヒーなどに入れて健康生活を満喫している。
 生まれも、嫁ぎ先も農家の清水さんは、現在、40アールほどの畑で年間約40種類の野菜を育てて販売している。サトウキビを育て始めたのは、自然食品が好きで海水で塩を作っている知人が、畑作をしている清水さんに「サトウキビ作んな」と勧めてくれたのがきっかけ。
 早速10センチほどの苗を沖縄から20株ほど調達し、鶏ふんやカキ殻を与えるなどして育てたところ、約2メートルのサトウキビが……続きは本紙で