「自分で考え行動を」 市内小中で冬休み終わる 第五小など全校集会

2019年1月8日(火) 20:00

LINEで送る

第五小で全校集会

冬休み明け集会で、吉川校長の話を静聴する児童たち=久保町の第五小で

 松阪地区の公立小中学校の冬休みが終わり、登校が始まった8日、各校で全校集会などが行われた。うち松阪市久保町の市立第五小学校(吉川篤博校長、566人)では午前8時45分から体育館で、冬休み明け集会があり、児童たちは元気な顔を見せた。
 集会では、全校児童で大きな声で校歌を歌った後、吉川校長から「学校に登校するのは今日を含めて、あと53回。6年生は卒業するので今日を入れて48回。一日一日を大切に過ごしてください。学校は勉強しに来る所。授業を大切に、先生や友達の話をよく聞いて自分の頭で考えて行動してほしい」などの話があった。
 また生活指導の担当教員からは「あいさつができる第五小学校に……続きは本紙で