航空隊訓練場の石柱を記念碑に 旧海軍 岡山町集会所で除幕式

2018年12月25日(火) 20:00

LINEで送る

三重海軍航空隊訓練場跡に「記念碑」

畑から見つかった三重海軍航空隊訓練場の境界石の記念碑を除幕する出席者たち=岡山町の同町集会所で

 松尾まちづくり協議会(村田善清会長)は、松阪市岡山町内の農地で見つかり、長年保管されてきた三重海軍航空隊訓練場と民間地との境界を示す石柱6本を、同町集会所の敷地内に記念碑として建立し、23日午前11時から同所で除幕式を行い、お披露目した。
 戦時下、同地区では現在の津市香良洲町にあった三重海軍航空隊の飛行予科練習生が1944(昭和19)年秋から翌年の敗戦までの1年足らずの間、伊勢寺町、西野町、藤之木町、岡本町などの寺や民家、集会所に分宿し、訓練場に通っていたという。
 その訓練場の規模は約72ヘクタールと広大で、民間地との境界に「海軍用地」と……続きは本紙で