いじめ防止の意思示そう 相可高生徒会 啓発運動のリボンを全生徒に配る

2018年11月28日(水) 20:00

LINEで送る

相可高いじめ防止リボン

ピンクのリボンでいじめ防止を訴える相可高の生徒会役員ら=多気町相可の相可高で

 多気郡多気町相可の県立相可高校の生徒会(神保汰成会長)は現在、11月のいじめ防止強化月間に合わせた初めての取り組みとして、全校生徒、職員にピンクのリボンを配って付けてもらい、いじめ撲滅を啓発する意思表示運動を行っている。
 2007(平成19)年にカナダの学校で、ピンクのポロシャツを着て登校した学生が暴行を受けたのを機に、いじめ撲滅を呼び掛けた上級生の取り組みから始まった。「ピンクシャツデー運動」と呼ばれ、意思表示として、ピンクシャツやピンクの物を身に付けて登校する。カナダからアメリカ、イギリスと世界全土へ広がった。
 同校は初めての実施。今夏、県内の高校生徒会の……続きは本紙で