観光客増加に期待 明和町 「歴まちカードラリー」始まる

2018年11月2日(金) 20:00

LINEで送る

181102斎宮歴まちカードラリー

歴まちカードラリーの冊子とカードを手渡している呉竹倶楽部の会員ら=明和町斎宮のさいくう平安の杜西脇殿で

 歴史的風致維持向上計画に取り組む「歴まち認定都市」の東海4県14市町村を回る歴まちカードラリーが10月に始まり、多気郡明和町も観光客の増加に期待している。
 このイベントは「歴まち都市」14市町村と国土交通省中部地方整備局の主催。歴まち都市はそれぞれの自治体の象徴的な歴史遺産や観光スポットをあしらったカードを昨年10月に作って配っている。ラリーは、カードを全部集め、回った先で確認してもらって同整備局に応募用紙を送ると「踏破賞」がもらえるもので、先月17日に始まった。期限は来年8月31日。
 明和町のカードは斎宮のさいくう平安の杜(もり)の復元建物の写真が使われており、町内では同所の……続きは本紙で