家族総勢6人でバンド「竹内組」 一致団結「本当に楽しい」

2018年10月30日(火) 20:00

LINEで送る

家族6人バンド

音楽演奏で「一つになる」竹内さん一家=久米町のカラオケバンダイ三雲店で

 松阪市大津町の引っ越し業・竹内正則さん(56)一家は、家族総勢6人でバンドグループ「竹内組」を組み、ファミリーコンクールで演奏して好評を得ている。竹内さんは「けんかとかいろいろある。上手ではないけど、家族で一生懸命、一つの空間で、一つのことをする。いい思い出になると思う」と話す。

 

 竹内さんがギターを担当。妻・啓子さん(57)がキーボード、長女・紗弥花さん(25)がボーカル、長男・竜童さん(23)はベース、次女・優花さん(17)はサックスを受け持つ。三女・桃花さん(14)は、パーカッション&コーラスとして加わる。
 別々に音楽バンドを組んでいた竹内さんと啓子さんが結婚。生まれた紗弥花さんは小さいころからマイクを離さない歌好きで、音楽関係の仕事をする母の影響もあり、15歳で初ステージを経験した。
 竜童さんは中学までサッカー少年だったが引退後、姉が高校で組んだバンドのライブを見てギターを始めた。優花さん、桃花さんも家族の影響で、ダンスや音楽に取り組み、学校では吹奏楽部に所属する。
 当初は啓子さんと紗弥花さんで、イベント出演など音楽活動を……続きは本紙で