鳥の視点で大杉谷PR ドローンで撮影 大台町の井坂さんと巽さん

2018年10月11日(木) 20:00

LINEで送る

ドローン

ドローンで登山道からは見られない景色を撮影する井坂さん(右)と巽さん=大台町大杉で

 大杉谷を誰も見たことがない視点でーー。多気郡大台町の地域おこし協力隊・井坂治さん(50)=栃原=は、元山小屋経営・巽幸則さん(70)=大杉=と共に、日本三大渓谷の一つとされる大杉谷をドローンで撮影している。動画サイトに投稿したりホームページに掲載しており、町も移住や観光PRに活用していく考え。

 

 地域おこし協力隊は、人口減少や高齢化などが進む地域へ移り住んだ都市部の人材に自治体が委嘱するもので、地場産品の開発や移住支援など役割はさまざま。
 井坂さんは、ホームページなどを活用して町の景観や行事、食事どころを情報発信する。東京都で動画や音楽の制作会社を経営しており、ドローン空撮に魅せられ、恵まれた撮影対象がある同町に越してきた。
 隊員になってから、大杉谷のドローン撮影を計画。関係各所の許可を得て、谷に精通する巽さんを案内役と……続きは本紙で