健康願い茅の輪くぐりを 朝柄八柱神社で氏子ら作る

2018年6月25日(月) 20:00

LINEで送る

茅の輪くぐり

茅の輪を完成させ、設置を終えた氏子有志ら=多気町朝柄の朝柄八柱神社で

 多気郡多気町朝柄の朝柄八柱神社(西山正剛宮司)の氏子有志ら9人は、24日午前9時から同神社境内で茅(ち)の輪作りをした。
 茅の輪は、氏子や参拝者が良くない行いや考え方などを祓い清め、気力を回復させ病魔に負けない力を授けてもらうためのもの。立てると人が歩いてくぐれる大きな輪で、8の字に3回くぐる。同神社では昨年の遷宮をきっかけに6月に初めて作り、12月にも作った。今回は3回目になる。
 この日は、同地区の元建具師の中村文比古さんが杉板で作った直径2メートルの円形の芯にチガヤを巻き付ける作業をした。サイズは氏子有志メンバーがたまたま……続きは本紙で