ハナショウブ77種を鑑賞 園児ら招き第四地区住民協

2018年6月6日(水) 20:03

LINEで送る

180606花しょうぶ

美しく咲いたたくさんのハナショウブの間で遊ぶ園児たち=鎌田町のハナショウブ園で

 松阪市の第四地区住民協議会福祉部会(鈴木芳文会長、約50人)の役員とボランティア会員ら約20人は、5日午前10時半から鎌田町のハナショウブ園で鑑賞会を開いた。招かれた地域の幼・保育園児や老人ホームの入所者ら約115人が鮮やかに咲くハナショウブの色と香りなどを楽しんだ。
 同協議会教育部の鈴木逸郎会長(74)は、2001(平成13)年からここで77種類約616株ほどを栽培している。鎌田地域の老人ホーム入所者と園児たち、施設間の交流の場にと毎年観賞会を開いている。
 この日は、市立鎌田幼稚園と同三郷保育園の園児たちと、吉祥苑と泰山荘の二つの……続きは本紙で