音と色の共演が町を彩る 明和町斎宮のJA多気郡本店で 演奏曲に多気の中高校吹奏楽部

2017年12月6日(水) 20:00

LINEで送る

斎宮のイルミ

色とりどりの噴水とワシントンヤシの幹のイルミネーションが美しく共演=明和町斎宮で

 多気郡明和町斎宮のJA多気郡本店(西井正代表理事組合長)の小公園で、色とりどりにライトアップされた噴水と、そばに生えるワシントンヤシやマキ垣のイルミネーションが、町の夜を彩っている。
 噴水は、多気郡の高校と中学校の吹奏楽部が演奏した曲に合わせて形態とライトアップの色が変化する。多気町相可の県立相可高校の「サタデー・ナイト」、同所の組合立多気中学校の「民謡の主題によるスコットランド行進曲」、相可高、明和町坂本の町立明和中学校、多気中、多気町片野の町立勢和中学校の合同演奏による「Top of the World」の3曲が……続きは本紙で