無線愛好家220人集う 明和町公民館で 技術の成果など発表

2017年11月13日(月) 20:00

LINEで送る

県ハムフェスティバル

無線が災害現場で役立った事例の紹介などをする展示も=明和町中央公民館で

 一般社団法人・日本アマチュア無線連盟三重県支部(岡田哲夫支部長=会員約900人)は12日午前10時から、恒例の三重県ハムフェスティバルを、多気郡明和町馬之上の町中央公民館で開催した。
 親睦交流と技術の成果発表の場として毎年開催している催し。アマチュア無線愛好家は国内に43万人おり、うち県内には8千人いるとされ、同フェスでは一般の来場も呼び掛け会員増強に努めている。年齢幅が広いのもこの趣味の特徴で、10歳未満から90歳以上までが楽しんでいる。また災害時に……続きは本紙で