「山の神のごちそう」作る 多気町相可の町民文化会館で 伝統食テーマに親子料理教室

2017年9月11日(月) 20:00

LINEで送る

多気、山の神、親子料理教室

「山の神」にまつわる料理に奮闘する(右から)藤原さん、川辺さんら=多気町民文化会館で

 多気町は10日午前10時半から、相可の町民文化会館で「親子料理教室」を開き、参加者9組24人が、地域に伝わる伝統料理を学んだ。
 食のまち多気未来創生事業の一環で、食を含めた郷土文化の継承に努めている。これまでにも伊勢芋や柿など、町の産品を使った伝統食に挑戦してきた。
 今回は、五穀豊穣(ほうじょう)をもたらす「山の神に感謝」をテーマに、「山の神のごちそう」を作ることに。波多瀬で子供料理教室「だんだんキッチン」を主宰する大須賀由美子さん(46)を講師に招き、味ご飯や……続きは本紙で