「下水道のこと知って」 マンホールパズル体験やポスター展示で普及図る

2017年9月11日(月) 20:00

LINEで送る

「下水道の日」

マンホールパズルに挑戦する長島瑠唯君と瑠華さん=市場庄町のアピタで

 松阪市上下水道部と県下水道公社は「下水道の日」の10日午前10時から、市場庄町のアピタ松阪三雲店で、体験イベントなどを通して下水道の普及促進を図った。
 「下水道の日」は1961(昭和36)年、全国的な普及を図ろうと国などが「全国下水道促進デー」として設定。認識が高まってきた2001(平成13)年に、あらためて「下水道の日」と命名した。
 この日は、1階特設会場で「木製マンホールパズルに挑戦」コーナーや、下水道ポスターコンクールの作品展示などを行い、下水道の普及と実際に公共下水道へ接続する水洗化への理解を促した。
 マンホールパズルに挑戦した市立花岡小学校2年の長島瑠唯君と瑠華さんの2人は「簡単に……続きは本紙で