「竹あかり」で境内ライトアップ 法受寺で初

2017年7月31日(月) 20:00

LINEで送る

竹あかり

竹あかりでライトアップされた境内=多気町四疋田の法受寺で

 多気郡多気町四疋田の法受寺(折戸芳章住職)は29日午後6時から同寺で、竹で作った「竹あかり」で境内をライトアップし、雅楽の演奏などをするイベント「竹あかりプロジェクト」を開いた。約200人が訪れ楽しんだ。
 同プロジェクトは伊勢市で始まったプロジェクトを参考に、同寺で初めて開いたもので、竹あかりを通して人に元気になれる場や、自然との共生の道筋などを与えるのが趣旨。事前に開いた3回のワークショップには約100人が参加し、高さ約30センチの「竹あかり」約200個を作った。
 この日は、200個の他、高さ約1・5メートルの大型の竹あかり35本も境内に並べ……続きは本紙で