「登山道への県道整備を」 大台町長と1対1対談 鈴木知事「連携して検討を」

2017年7月12日(水) 20:00

LINEで送る

大台町長と知事、対談

話し合う尾上町長(右)と鈴木知事=大台町粟生の健康ふれあい会館で

 多気郡大台町の尾上武義町長と鈴木英敬知事の1対1対談が11日午後3時から同町粟生の健康ふれあい会館であり、尾上町長が大杉谷登山道のトイレ、道路整備などを要望した。
 同対談は全県的な課題である「人口減少対策」と、「市町固有の地域課題」などについてオープンな場で話し合うことで、共通した認識の醸成と課題解決への前進を目的として毎年開いている。
 この日、尾上町長から要望があった登山道のトイレ不足解消、狭く駐車場も少ない登山道に向かう県道整備の必要性について鈴木知事は「県としても課題と考えている。連携して検討を進めていきたい」と……続きは本紙で