コスプレーヤーが集結 多気町で「おたコス7」開く

2017年7月10日(月) 20:00

LINEで送る

おたコス

アニメキャラを描いた車の前でコスプレでの撮影を楽しむ参加者ら=多気町仁田で

 多気郡多気町商工会(松浦信男代表)と、おたコス実行委員会は9日、町内全域を開催場所とした日本最大級ロケーションコスプレイベント「おたコス7」を開催し、アニメキャラクターの仮装を楽しむコスプレーヤー約800人と撮影を楽しむカメラマン約100人が、全国から多気町に集結した。
 2012(平成24)年11月に、まちおこしの一環として「おいないまつり」と同時開催の第1回から数えて7回目。「おいない・たき・コスプレ」の頭文字を取って「おたコス」とした。
 この日、参加者たちは天啓公園、法泉寺、丹生大師など10会場と川を含む16シチュエーションで、思い思いの趣向を凝らしたコスプレや散策、撮影を楽しんだ。また松阪競輪でも、ロード自転車を無料で貸し出し、競輪場バンク内での撮影を許可するなどした。
 車体全体にアニメキャラを描いた愛車で参加した、明和町有爾中の小西博征さん(23)は3回目の参加。「共通の趣味を持つ人たちと毎回新たな出会いがありますし、楽しい集いの場です」と……続きは本紙で