大ぶりの品種など100種が今週末から見頃に 小片野町・奥出さんのバラ園

2017年5月16日(火) 20:00

LINEで送る

バラ園

見頃を迎えた大輪のバラを眺める奥出さん=小片野町で

 松阪市小片野町の農家・奥出喜兄さん(80)が趣味で管理している同町の「バラ園」は現在、8分咲きを迎えた。
 奥出さんは10アールの自宅庭で20年前から趣味でバラを育て始め、年々本数を増やしている。毎年数種類入れ替え、現在は約100種類。250本ほどで大ぶりの品種が多い。バラ栽培は病気の管理が大変で、消毒薬を掛けたり、地面からの雨の跳ね返りを防ぐためにわらを敷いたりし、手塩に掛けて育てている。バラ園は無料で開放しており、例年……続きは本紙で