明和太鼓など演奏披露 明和町観光協交流フェス 会員ら350人が親睦深める

2017年5月6日(土) 20:00

LINEで送る

明和太鼓など交流フェス

交流会で演奏を披露する明和太鼓保存会のメンバーら=明和町大淀の大淀ふれあいキャンプ場で

 多気郡明和町の同町観光協会(東谷泰明会長、会員約150人)は5日午前10時から、明和町大淀の大淀ふれあいキャンプ場で、交流フェスティバルを開催し、会員ら約350人が親睦を図った。新たに入会を呼び掛け、町のファンづくりとした。
 交流会はこれまで潮干狩りを主なイベントにしてきたが、昨今アサリが不漁続きで、禁漁を求められている関係から、貝を採るイベントを中止。代わりに「貝汁の振る舞い」とした。
 20回目を迎えた今回は当日入会の会員も含め、大勢の家族連れが参加。明和太鼓保存会(高場一浩代表)と業平夢太鼓(浜口幸代表)の……続きは本紙で