伊勢寺町でルピナス 加藤さんの畑で見頃

2017年5月3日(水) 22:15

LINEで送る

170502伊勢寺ルピナス

一面に咲き広がるルピナスを眺める加藤さん=伊勢寺町で

 松阪市伊勢寺町の元会社員・加藤安弘さん(70)が自宅近くの畑約600平方㍍で育てる紫、ピンク、白色など五、六百本のルピナスが見頃を迎えている。
 マメ科で、どんな土地でも育つ強さから、ラテン語の「オオカミ」から名付けられた。小花が咲き上がる様子が藤を逆さまにしたようで、「昇り藤」とも呼ばれる。
 加藤さんは約3年前に友人に種をもらい、畑の道沿いで約50本を栽培。その後、採れた種などをまいて面積を増やした。犬の散歩で立ち寄った人が写真を撮ったり、付近に住む女性から「癒やし……続きは本紙で