「仏教の世界に親しんで」 多気町の金剛座寺 9日に「お寺の漫画図書館」開館

2017年4月1日(土) 20:00

LINEで送る

金剛座寺_図書館

漫画図書館の一角と染川住職、設営を手伝う長男の智弘君=多気町神坂の金剛座寺で

 多気郡多気町神坂の天台宗金剛座寺(染川智勇住職)のまちかど博物館「佐那文庫」内に、今月9日、仏教関係の漫画約350種400冊を収蔵した「金剛座寺お寺の漫画図書館」が開館する。寺に漫画図書館ができるのは東京都の多門院に続き、全国でも2例目だという。
 染川住職(50)は子供のころから漫画やアニメが好きで、30年ほど前から仏教漫画などを集めてきた。いつか寺に漫画図書館を作り、漫画を通して多くの人に仏教の世界などを紹介したいと長年考えてきた。合間を見つけてスペースを作り、本棚を設置するなどして準備してきた。
 漫画図書館には手塚治虫の青年漫画の「ブッダ」「孔雀(くじゃく)王」、子供向けアニメ漫画の「一休さん」、ひろさちや原作の「仏教コミックス」シリーズ……続きは本紙で