点数制で行事参加者増 松尾まち協 健康づくりで外出機会を

2017年4月1日(土) 20:00

LINEで送る

松尾まち協

100ポイント到達者の集計表を持ち、笑顔を見せる村田会長(右から2人目)ら=丹生寺町の松尾地区市民センターで

 松阪市の松尾まちづくり協議会(村田善清会長、約5千人)が、昨年9月から2月末まで行った住民が地元のイベントなどに参加した回数に応じて商品券がもらえる独自の取り組みが好評で、公民館や同協議会が主催する行事の参加者が増加している。村田会長らは「初年度の取り組みで改善点もあるが、おおむね成果を感じているので続けていきたい」と意気込んでいる。
 これは、「日本一健康なまち」を目指して同協議会が取り組む健康づくり事業の一環。地域住民の健康を守ることや、外に出る機会をつくり、地域の活性化を図ることを目的とする。昨年度の市元気応援事業に採択され、交付された25万円を活用する。
 公民館行事やまち協の行事に参加すると10ポイント、地区内の宅老所や丹生寺町の松尾地区市民センターで血圧を測るなどすると1ポイントなどの「健康ポイント」が……続きは本紙で