かるた取りで奮闘 第四小児童 春休み利用して大会

2017年3月30日(木) 20:00

LINEで送る

第四小・かるた

読み上げられた札を取ろうと飛び込む村上さん(手前)=石津町の第四公民館で

 松阪市石津町の第四公民館は30日午前10時から、市立第四小学校の児童を対象とした春休みかるた取り大会を開いた。約10人が参加し、熱戦を繰り広げた。
 同公民館では夏休みに「寺子屋」を開き、「百マス計算」や百人一首の勉強をする機会を設けており、今回はその一環で開いた。
 この日は1、2、3、5年生が参加。大会を楽しみに朝から家で練習をしてからやってきた子もいる中、初めてと話す子も。初戦は上下2学年ずつに分けて対戦した。
 3年の村上陽菜さんは「かるた取りは学校でも優勝したから得意。今日も優勝したい」と意気込み……続きは本紙で