大瀬さんのデザイン採用 大台町ユネスコエコパーク PR用ラッピングカーに

2017年2月23日(木) 20:00

LINEで送る

ユネスコ

ラッピングカーに採用されることになったイラスト案

 町が進めるユネスコエコパークPR活動の一環で、多気郡大台町茂原の県立昴学園高校(森山隆弘校長、217人)国際交流系列3年の大瀬妃羅(きらら)さん=下三瀬=がデザインしたラッピングカーのイラスト案が使われることになった。
 大瀬さんは1年から美術部に在籍し、絵画やデザインなどを学んできた。4月からは京都府の京都造形芸術大学キャラクターデザイン学部に進学して本格的にデザインを学ぶ。将来はデザイナーになるのが目標だという。
 町は昨年3月に大台ケ原・大峰山・大杉谷ユネスコエコパークが拡張登録され町全体がエコパークに含まれたのをきっかけにPR活動に取り組んでいる。活動に協力する自動車整備会社など経営の大松正樹さん(44)=新田=が社用の……続きは本紙で