荒れ地に花壇作り 花岡公民館でビオラ200株 宝塚古墳ボラ団体が昨年2月から

2017年2月22日(水) 20:00

LINEで送る

花岡の花壇

約200株のビオラと森リーダー=大黒田町の花岡公民館で

 松阪市宝塚町の宝塚古墳のガイドや花壇作りを行うボランティア団体・宝塚古墳市民参加の会(森仍示リーダー、19人)はこのほど、大黒田町の花岡公民館(西口秀美館長)の敷地内の荒れ地に、赤、青、黄色のビオラの花苗約200株を植え、利用者らに喜ばれている。
 同会は花岡地区のメンバーが集まり、夏と秋の年2回に約3×2メートルのパネル花壇に色とりどりの花約300株を並べて船形埴輪(はにわ)に見えるようにデザインして公園に展示するなどしている。
 同公民館の北側の土地は田んぼだったが、2015(平成27)年の工事で住宅になった。同公民館の敷地だった長さ約30メートル、幅約1・5メートルののり面は、土を盛って平らにしてもらったものの、雑草が生えたままで、見栄えの悪さから西口館長(69)が、同会に相談した。
 昨年2月、同会は「花を見て喜んでもらえるなら」と……続きは本紙で