東京で初の共同シンポ 斎宮歴博と國學院大 「伊勢神宮と斎宮」テーマに

2017年2月15日(水) 20:00

LINEで送る

斎王シンポ

斎王まつりの様子などを紹介したシンポジウム=東京都の國學院大学学術メディアセンターで

 多気郡明和町竹川の斎宮歴史博物館(濱口尚紀館長)と、國學院大学はこのほど、東京都渋谷区の同大学術メディアセンターで、初の共同シンポジウム「伊勢神宮と斎宮」を開いた。273人が参加し、斎宮や斎王について見識を深めた。
 同館が県外の大学と連携するのは初めて。シンポジウムには、同館調査研究課の穂積裕昌主幹と大川勝宏課長、同大神道文化学部で宗教学や祭祀(さいし)が専門の岡田莊司教授と笹生衛同大博物館長が登壇した。
 穂積主幹の基調講演「伊勢神宮成立論と考古学」で始まり、岡田教授が……続きは本紙で