地元産野菜を格安で 機殿小でまち協 初の「はたどの祭」

2016年12月12日(月) 20:00

LINEで送る

機殿祭

農業を通じて地域をPRしようと祭りを初開催し、子供たちも訪れた=六根町の機殿小で

 松阪市機殿地区の機殿まちづくり協議会(澤村茂会長、350軒)は、農業を通じて地域をアピールしようと、11日午前9時半から六根町の市立機殿小学校で、初の「はたどの祭」を開いた。地元産の農産物を格安で販売したり、イチゴ大福などの手作りスイーツを振る舞い、約500人が訪れてにぎわった。
 農業地帯である同地域では、地元で採れた農産物を皆に知ってもらい地域おこしにつなげようと、同協議会農業振興部会を中心に約60人の住民でつくる実行委員会が開いた。市地域の元気応援事業のコンペで採択された事業。
 この日は、キャベツ、ブロッコリー、ハクサイ、トマトなど地元産の野菜のほとんどを……続きは本紙で