今どき珍しい共演 嬉野須賀町の畑にコスモスとヒマワリ

2016年12月5日(月) 20:00

LINEで送る

ヒマワリとコスモス

ヒマワリとコスモスが咲き乱れる畑。写真奥左の建物は県農業研究所=嬉野須賀町で

 松阪市の須賀地域環境保全活動を推進する会(中西倫夫会長、70戸)が管理する嬉野須賀町の市道沿いの約100平方メートルの畑一面に現在、コスモスとヒマワリの2種の花が咲き乱れ、住民の話題になっている。
 同会は約10年前に発足。国、県、市から交付金を受け、地域環境の美化や農地の維持、農村の環境保全に取り組んでいる。3年前から、遊休農地にヒマワリやコスモスを植え、住民らの目を楽しませてきた。
 今年も3月末に種をまいたヒマワリが7月に見頃に。8月には再び耕してコスモスの種をまいたが、こぼれ種から生えてきたヒマワリの芽を「残したらどうなるのか」と……続きは本紙で